尾張旭の歯科・歯医者なら小島歯科へ。名鉄 尾張旭駅から徒歩8分バロー城山店2階にある歯科医院です。歯周病治療、審美歯科、ホワイトニング、矯正治療、インプラント等の治療を行っています。訪問診療もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

〒488-0072 愛知県尾張旭市北原山土地区画整理事業地内3街区8 バロー城山店2階
名鉄 尾張旭駅より徒歩10分

ハロー サンキュー 爽やかに

0120-86-3938

診療
時間

10:00~13:00/14:00~19:00
※土曜は17:00まで。休診:日・祝

小島歯科の研修プログラム

小島歯科の『研修プログラム』

平成29年『日々是前進』

~平成29年 感銘を受けた話~

平成29年2月5日(日)、愛知学院大学楠元キャンパス で、国立モンゴル医科大学歯学部 客員教授 岡崎 好秀 先生 の診療哲学に感動しました。

「心に貯金をして帰す」

子どもの歯の治療と言えば、泣くことを思い浮かべるでしょう。でも泣いたまま帰ると次はもっと泣くのです。これを「心に借金をして帰る」と言います。「心に借金」をするとまさにサラ金のように倍々ゲームで借金が増えていきます。そして人間関係もダメになるのです。

 

一方、笑顔で帰る、すなわち「心に貯金をして帰る」と次に来た時には前よりも、「おりこう」になるのです。

<平成29年>

5.『CAMBRA』サティフィケート(修了証) 2015.12.20

4.<第35回 TOUCH口蓋帆咽頭閉鎖機能セミナー 修了証 2017.2.19

3.健康・食育マスター講座<ジュニアマスター>2014.8.31

2.健康・食育マスター講座<健康理論>修了 2014.8.25

1.健康・食育マスター講座<食事理論>修了 2014.8.25

健康・食育マスター講座
<ジュニアマスター>

健康・食育マスター講座
<健康理論>

健康・食育マスター講座
<食事理論>

<CAMBRA>

<第35回 TOUCH口蓋帆咽頭閉鎖機能セミナー>
 

35.12月10日 第2回2017摂食嚥下研修セミナー
  ~摂食嚥下障害の検査と評価診察~

KOUKEN 耳鼻科用バルーン
 

12月10日(日)は、訪問歯科セミナーが名古屋で3か所同時で開催されていました。

 

10月に引き続いて、愛知県歯科医師会館では、【基調講演】 演 題:在宅歯科医療の現在とこれから

〜在宅療養支援の役割〜 講 師:鶴見大学歯学部 高齢者歯科学講座 講師 菅 武雄 先生

【在宅療養支援歯科診療所連絡会 講演】 演 題:地域包括ケア時代の医療と介護の統合に向け 〜今、各職種にできること〜

講 師:名古屋大学医学部附属病院 地域連携・患者相談センター 病院准教授 名古屋大学大学院 医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学教室 鈴木 裕介 先生

 

愛知学院大学歯学部同窓会PGCでは、「増える歯科難民を救う~トップランナーが語る訪問診療のコツとツボ~

講師:菊谷 武 氏。4月に申し込みをしていましたが

体は1つしかないのでキャンセル。

 

嚥下内視鏡検査(VE)実習は、大阪or東京でしか

開催されていません。

費用が高額で、貧血なのか金欠なのか「立ちくらみ」します。

 

ありとあらゆる悪い想定をしてからの実習。

午前中の実習のため昼食抜きを覚悟していました。

易出血部位の「ウッドルフ静脈叢はどこですか?」と

インストラクターに聞くと「僕はしらない」と回答????

 

相互実習があったにも関わらず、鼻血をだす参加者もおらず

無事おわりました。

 

参加費を考えれば、このセミナー自体が『出血大サービス』

セミナーだった?のかもしれません。

34.11月19日 筋の機能・生理からひもとく
       お口の健康づくり(口腔機能発達不全症)

11月19日(日)13:00~16:00 名駅IMAIビル

講師:姫野かつよ 先生

口腔ケアにおいて、脳血管障害発症の患者さんでは、

脳梗塞等を誘発しないよう首に近い顎下腺などの部位の

マッサージは避ける、そうです。

 

33.11月12日 総義歯作成の臨床
GoAを活用した客観 性のあるリマウント法と咬合調整 

11月12日(日)10:00〜15:00

場 所:東京第一ホテル錦

講師:白石 一男 先生(茨城県開業)

 

愛知学院大学歯学部同窓会愛知県支部のセミナーに参加しました。

 

本+昼食代 >参加費 という、太っ腹の同窓会のお蔭で、本ももらえました。

 

GoAをもちいてApex を導く実習もあり勉強になりました。

僕の理解度での頭の中のGoAでは、Apexがみつかりません。

本+DVD 勉強します。

 

P.S

小島歯科では、訪問診療を実施しています。

今年6月の厚労省のデータのように、80歳以上の半分以上の方は、

20本 歯があります。

 

毎月、口腔ケアのみで訪問診療される患者さん(歯は28本あります)、毎週虫歯治療で訪問診療される患者さん、3週間で治療して

欲しいと依頼があり、左右第一小臼歯にクラウンセット

(右第一小臼歯は、ファイバーコア)した92歳の患者さんも

28本自分の歯があります。

 

冨士谷先生の講演中に、「歯根膜があれば、嚥下障害になりにくい」とありましたが、その話を実感しながらでの、入れ歯の講習会は

別な意味での ”カルチャー・ショック” でした。

32.10月22日 審美修復講演会

 

10月22日(日)

10:00~16:30

於:名古屋国際会議場 白鳥ホール

最近の臨床を体系的に学べてよかったです。

 

 

31.10月15日 第1回2017摂食嚥下研修セミナー
~摂食嚥下障害の診察とスクリーニング~

摂食嚥下セミナーは、東京or大阪で、開催回数も少なく、

開催される場合は全国から「アッという間」に定員オーバーに

なることがよくあります。

 

愛知、岐阜,三重、静岡、愛媛、香川、福井、神奈川、茨城県の

先生の参加で始まりました。

 

50分講義の6時限は正直つらいです。

 

スクリーニングテストの実習もあり、内容の濃い1日でした。

 

名古屋ミッドランドスクエアのB1では、一番搾り

美味しさ丸ごと体感セット¥200円(税込)も開催されており、

車で参加したことを後悔した日でもありました。

30.10月9日第32回保団連医療研究フォーラム 

<歯科診療の研究と工夫A>

<歯科診療の研究と工夫B>

<地域包括ケアの現状と課題>

<お弁当も講演内容も、お腹一杯!?>

平成29年10月9日(日)

於:ウインクあいち

 

分科会 ― 9:00~12:00
第5・6分科会 歯科診療の研究と工夫

 

シンポジウム ― 13:00~16:00

地域包括ケアの現状と課題 ~3つの地域からの提言~


◆基調講演 三浦久幸氏(国立長寿医療研究センター在宅連携医療部長、在宅医療・地域連携診療部長)
◆コーディネーター 野村博彦氏(愛知県保険医協会副理事長)
◆報告者
「医師の立場から」
大川義弘氏(石川県保険医協会副会長、保団連地域医療対策部員)
安井 直氏(愛知県・やすい内科院長、知多郡医師会会長)
「歯科医師の立場から」花形哲夫氏(山梨県・花形歯科医院院長)

29.平成29年度 第3回障がい者歯科医療普及講演会(口腔機能評価研修) 

日 時:10 / 1 ㊐ 9:30〜12:30 

場 所:愛知県歯科医師会館

演 題:

①移乗訓練 持ち上げない介護

    医療法人幸会 老人保健施設 みず里サービス総括部長 齋藤 妙子 先生

②摂食嚥下機能評価法および頸部聴診音

    愛知学院大学歯学部 顎顔面外科学講座 講師 渡邉 哲 先生

③病院における摂食嚥下障害への対応

    地方独立行政法人 桑名市総合医療センター桑名西医療センター

    歯科口腔外科部長 大重 日出男 先生 

 

VEの実演講習は勉強になりました。

28.健康な口腔機能をサポートする歯科衛生士のメインテナンス

石原美樹氏(株式会社COCO DentMedical 代表取締役、歯科衛生士)

9月10日(日) 午前10時~正午 於:協会伏見会議室

 

僕は「指示」をする立場ですが、「指示される」歯科衛生士さんの立場を勉強できました。

 

27.摂食咀嚼嚥下基礎セミナー B

<第39回 TOUCH摂食咀嚼嚥下基礎セミナー B>

 平成29年8月27日(日) 11:00~16:00 、池田商工会議所 

 

「スマイルケア食」が、平成30年4月からはじまるそうです。

 

スマイルケア食(新しい介護食品)

26.予防歯科から見た歯周病

天野敦雄氏(大阪大学大学院歯学研究科長・歯学部長)

8月6日(日) 午後1時30分~4時

 

38度の大阪からみえたそうです。4月のセミナーの復習をかねて参加しました。

 

白熱した質疑応答で、セミナー会場は、40度以上の熱気でした。

 

25.「ナン」て日だ!?

8月6日(日)、9時30分~ 栄にてセミナーに参加していました。

 

インドカレー店9店舗のオーナーの

ネパール人の方と一緒でした。

 

「たどたどしい日本語ですいません。

努力することは当たり前。

努力の仕方が問題だ!」

 

流暢な、スパイスのきいた日本語でした。

 

「ナン」て日だ!?

24.摂食咀嚼嚥下基礎セミナー A

<第38回 TOUCH摂食咀嚼嚥下基礎セミナー A>

<テキスト>

<参考図書>

平成29年7月30日(日)会  場 池田商工会議所にて、摂食咀嚼嚥下基礎セミナーA に参加しました。

鹿児島,福岡,広島,東京からも80名の方々の参加していました。

 

食物調理の決め方

    舌口唇閉鎖離乳食
前後弱 い初期食
上下強 い中期食
左右強 い

後期食

 

23.様々なステージにおけるオーラルマネジメント

午前の参加者が212名、午後の参加者が272名と発表がありました。

 

3連休の中日にもかかわらず、急性期、回復期、維持期と内容の濃いセミナーでした。

22.摂食嚥下マネジメントにおける歯科のプレゼンス

先週、東京御茶ノ水のGCで、ロールプレイングで同じ班だった春日井の先生に会場でお会いしました。

 

名古屋の最高気温は、34.7度 ですが、ウインクあいち大ホールは熱気ムンムンでした。

21.診療室から在宅までを“イメージできる”摂食嚥下セミナー

2017年7月9日(日)10~16

於:東京 GC CORPORATE CENTER

 

座学中心の多いセミナーの中で、2時間もロール・プレイングの合ったセミナーでした。

 

”経験値の差”を痛感しました。

 

20.歯周治療をベースにした診療システムの構築

<推奨商品一式>

推薦図書

推薦図書

7月2日(日)13:00~16:00 講師:三上格 先生

 

平成29年3月17日、歯みがき剤のフッ化物濃度についての大きな承認が厚生労働省によって下されました。

 

薬用歯みがき剤におけるフッ化物の配合量は1,000ppm以下とするように定められていたが、その上限が1,500ppmまで引き上げられたました

高濃度のフッ化物配合薬用歯みがきが販売されるにあたり、

その注意表示として

① 「6歳未満の子供への使用は控える」旨を表示する

② 「6歳未満の子供の手の届かない所に保管する」旨を表示する

③  濃度を直接容器などに記載する

④  内容物が10g以下の場合、②を省略することができる

などの基準が設けられる。

19.超高齢化時代を支える歯科の役割をみんなで考える

5月28日(日)午前10時~12時

講 師:河原英雄先生(大分県佐伯市・

歯科川原秀雄医院院長)

 

「かめる人は、飲み込める」

 

 

18.小児期の口腔機能の発達と口呼吸症候群について
   (口腔機能発達不全症)

ジャスティス

2017年 5月 14日(日)

13:00~17:00 電気文化会館

齊藤 一誠 先生(新潟大学 大学院医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 口腔健康科学講座 小児歯科学分野 准教授)のセミナーに参加しました。

 

 

GWは、”トレンド”に乗ってみました。

 

『DORAGON GATE』を観戦しました。

リングサイド最前列は、”プ女子” の方々でした。

 

 

「サンシャイン池崎」さんのイベントにも参加しました。

”時の人” の人気は凄いです。イェイ!

 

東北~九州の歯科医院の方が参加され、150人定員にもかかわらず

200名以上の参加者で、『母の日』開催にも関わらず、4/21 に

申込みを締め切った”空前絶後 超絶怒涛”のセミナーでした。

 

P.S

4月の歯周病セミナーの中で、「出血している歯肉内の、P.g菌の

数は ”35億” 」と説明がありました。

~ with Dr.ヒロ ~

17.歯周基本治療からのステップアップ
~歯周治療における選択肢を広げよう~

2017年04月23日(日)、デザインホール[ナディアパーク 3F]にて

GC講演会に参加しました。

 

今日は、『サン・ジョルディの日』です。

 

恋人や親しい人に、女性からは男性に本を、男性からは女性に薔薇を

贈る習慣です。

 

セミナーを受講し、”バラバラ” だった知識の体系化ができました。

16.「なるほどペリオ講座~Prof.天野とDr.ヒロのペリオワールド~」

<天野先生 推薦図書>

2016年4月16日(日)、名古屋国際会議場にて天野敦雄先生(大阪大学大学院歯学研究科口腔分子免疫制御学講座予防歯科学分野教授)、山本浩正先生(山本歯科医院院長・PEC主宰)のぺリオ講座に参加しました。

 

 

倖田來未さんの「KODA KUMI LIVE TOUR 2017 〜W FACE〜」が

開催されていて、センチュリーホールは熱気ムンムンでした。

15.「CAMBRA」修了証 

<CERTIFICATE (修了証) >

UCFS(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)のコースに準じた内容のため、サティフィケート(修了証)が授与されました。

<参考図書>

<ポスター>

~CAMBRA™とは~

CAMBRA™とは「Caries Management By Risk Assessment ~ リスク評価に

基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア

大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法

です。

 

う蝕は「う蝕を誘発する疾患指標とリスク因子からなる病変因子」と「う蝕を

遠ざける防御因子」の2 つのバランスによって発生。

 

CAMBRA™はエビデンスに基き、過去のう蝕経験や唾液量等から個々人のう蝕

リスクを評価し、それに応じたリスクを下げる為の処置をすべてプロトコル化

されています。これからの日本の予防歯科診療に欠かせない、世界基準のう蝕

管理方法です。

 

14.和光堂「ポケットシート」有難うございました!!

和光堂さんのHPから、「ポケットシート」を依頼しました。

沢山の試供品と共に届きました。

有難うございます。

 

ご興味のある方は、下記をクリックして下さい。

 

 

1.口腔アセスメント【OHAT】2.口腔ケアプロトコール

 

 

13.知っておきたい!赤ちゃんからのお口の発育アドバイス
~0歳児からの口腔機能成育事業講演会~

日時:平成29年3月12日(日)

14:00~16:30

場所:愛知県歯科医師会館2階「歯~とぴあホール」

 

『名古屋ウィメンズマラソン2017』のお蔭で栄は

交通規制だらけでした。見えているのに通行止めで大変でした。

偶然ですが、土曜日の朝、メ~テレの『デルサタ』に出演されている

鈴木ちなみさんを見かけました。

 

<「あいうべ体操」により、舌を鍛えて自然に口呼吸が鼻呼吸に>

「あ」・・・アトピー性皮膚炎

「い」・・・インフルエンザなど

「う」・・・うつ病

「べ」・・・便秘

これらに効果があるそうです。

 

12.小児の歯科臨床~小児患者への対応と治療~

渥美信子氏(愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科 教授)。3月5日(日) 午後1時30分~4時

 

<年齢によるう蝕の好発部位>

1.1~2歳 上顎前歯部唇側・隣接面

2.3~4歳 乳臼歯咬合面小窩裂溝

3.4~5歳 乳臼歯隣接面

 

11.在宅での最期をどう支えるか

小笠原文雄氏(小笠原内科院長・岐阜市、日本在宅ホスピス協会 会長)。3月5日(日) 午前10時~正午。

 

<気を感じる>

”手” と ”目” で患者を守るもの。

 

口腔ケアをすると、年間500億円 医療費削減するそうです。

 10(口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー)へ

<第35回 TOUCH口蓋帆咽頭閉鎖機能セミナー 修了証

<口蓋帆咽頭閉鎖機能セミナー>

<参考図書>

<通販カタログ>

平成29年2月19日(日)、大坂での第34回 口蓋帆咽頭(いわゆる鼻咽腔)閉鎖機能セミナー(大阪大学コンベンションセンター)に参加しました。

 

1カ月 2万5000人が利用されているそうです。

病院なら食事を考慮されると思いますが、自宅へ戻られたとき、どうするのだろうか?と疑問に思ってましたが、便利な会社があるみたいです。

 

ヘルシーネットワーク

9.生涯医療費 歯で決まる?

<トヨタ関連健保組合など調査>

<年齢階級別医療費>

年齢階級別表です。

<生涯医療費 男女計>

生涯医療費 2566万円。

70歳未満で、累積医療費 1284万円(50%)。

70歳以上で、累積医療費 1282万円(50%)。

 

<生涯医療費 男性>

生涯医療費 2443万円。

70歳未満で、累積医療費 1307万円(54%)。

70歳以上で、累積医療費 1136万円(46%)。

<生涯医療費 女性>

生涯医療費 2695万円。

70歳未満で、累積医療費 1260万円(47%)。

70歳以上で、累積医療費 1435万円(53%)。

8.VFなしでできる摂食嚥下障害のフィジカルアセスメントと段階的摂食訓練’16 ~頸部聴診法を使った直接訓練の進め方~

<テキスト>

<参考図書>

<参考DVD>

【日時】平成29年2月12日(日曜日)10:00~16:00

【講師】大宿茂 【会場】愛知県産業センターウインクあいち

 

<認知症への対応>

魔法のような対応策はない。とりあえず出来ることをやってみる。

→最終的には患者の嚥下能力に見合った栄養摂取方法

7.Health Dentistry (健口歯科) 0歳から“噛む”で健康長寿

<岡崎先生推薦図書>

<あいうべ体操カード>

自律神経を整えて病気を治す! 口の体操「あいうべ」

H29.2.5 岡崎先生の推薦図書です。とても面白く、為になる話ばかりですがスピードも早く理解するには大変です。

 

僕は、基本的に推薦図書を購入して、不明な点を解消するようしています。

 

『誕生日ケーキのろうそくを消せない子供』の動画がありました。一体何がおこっているのでしょうか?

6.支台築造成功のポイントとファイバーポストコアの活用

●講 師 坪田有史氏(東京都文京区・坪田デンタルクリニック 院長)

●と き 2月5日(日) 午後1時30分~4時
●ところ 協会伏見会議室

 

 

レジン支台築造は、象牙質への接着の信頼性が向上して、その選択頻度が高くなりました。

さらにファイバーポスト併用レジン支台築造は、歯根破折の対策

及び審美性の向上やメタルフリーを目的として臨床応用されています。

 

 

5.なぜ口呼吸が増えるのか? 〜歯科医師からみた食育〜

日 時:2月5日(日)10:00〜12:00

場 所:愛知学院大学楠元キャンパス 第1講義室

講 師:国立モンゴル医科大学歯学部 客員教授 岡崎 好秀 先生 

<テキスト>

健康・食育マスター講座
  <ジュニアマスター>

健康・食育マスター講座
<食事理論>修了証

健康・食育マスター講座
<食事理論>修了証

下顎前歯部の叢生(歯が重なり合って生えている状態の歯並び)の方は、”舌の力”が弱いことが原因だと講演会で学びました。

4.在宅医療連携~他科からのメッセージ~

報告者 

竹内保雄氏(竹内クリニック院長・知立市)
松井岳仁氏(松井みみはなクリニック院長・知立市)
石黒良彦氏(いずみが丘クリニック院長・守山区)
黒木 豊氏(えびす歯科院長・中村区)

●と き 1月29日(日)午後1時30分~4時
●ところ 協会伏見会議室

<生涯医療費(H25)>

厚生労働省は、障害に費やす医療費は1人当たり、2556万円で、そのうち半分を70歳未満で、半分を70歳以上で消費すると発表しました。

<生涯医療費(H25)厚生労働省>

<後期高齢者医療費の特性>

若い人と比べて受診率が高い。

<後期高齢者医療費の特性>

3.ここは、どこですか?~VR認知症プロジェクト~

認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人といわれています。

 

<ご興味のある方は下記をクリックして下さい>

1.ここは、どこですか?

 

2.VR、適用分野広がる 認知症の症状も体感 

 

3.不安を体験することで差別や誤認の解消を目指

「ここはどこ?」認知症の人の世界をVRで体感

2.嚥下機能評価研修会

<受講証明書>

<嚥下機能評価 研修会テキスト>

<PDN VEセミナー付録DVD>

<ファイバースコープ>

ペンタックス 鼻咽喉ファイバースコープFNL-10RBSを使用しての実技演習でした。

平成29年1月22日(日) 370名以上の参加者の中、東京慈恵会医科大学にて<第17回 PDN VEセミナー東京>に参加しました。

 

平成26年度診療報酬改定により胃瘻造設時嚥下機能評価加算が新設されました。内視鏡下嚥下機能検査(VE)による嚥下機能評価は所定の研修を修了した者が実施することとされています。本研修会は、厚生労働省の示す研修要件に準じたものです。

 

2015年4月以降、研修を修了した者が胃瘻造設時嚥下機能評価を行った場合のみ、内視鏡下嚥下機能検査(VE)による胃瘻造設時嚥下機能評価加算を算定することができます。

※注意※ 研修の修了証を得た医師が実施した場合でないと、加算請求できません。

1、「歯周病」と「認知症」切っても切れない関係 

全ての病気は「口の中」から!
森永宏喜 著

高齢者が健康寿命を維持していくためには、沢山の障害を越えていかないといけません。厚労省と日本歯科医師会は、「8020運動」に加わえ、「オーラル・フレイルの予防」という新しい考え方を示しています。

 

「オーラル・フレイル」を防ぐために、①社会性②バランスのよい食事と口の中の定期的な管理③運動 が不可欠であることを日本歯科医師会もきょうちょうしています。

 

下記をクリックして下さい。

 

「歯周病」と「認知症」切っても切れない関係

 

 

平成28年『日々是前進』

~平成28年 感銘を受けた話~

平成28年7月10日 横浜にて「神奈川歯科大学同窓会学術講演会ーBack to the basic-」花田信弘先生(鶴見大学歯学部探索歯学講座 教授)の「健康長寿社会におけるオーラルフレイル予防の意義とその方略」の講演で、

『この世に生き残る者は、最も強いものでも最も頭の良いものでもなく、変化に対応できる生き物である』(ダーウィン)というスライドがありました。

 

平成28年4月1日「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」が新設されました。100年以上の歴史のある歯科界には、まるで「コペルニクス転回」ともいえることです。新設され3ヵ月目での花田先生の話で、

”ガラケーからスマホ”か?と腑に落ちました。

<平成28年>

4. 第34回 TOUCH摂食咀嚼嚥下セミナーアドバンスコース  修了(H28.10.21)

3.歯科医師の認知症対応力向上研修会 修了(H28.9.11)

2.在宅療養支援歯科診療所の施設基準に係る研修会 修了(H28.5.15)

1.歯科外来診療環境体制加算の施設基準に係る研修会 修了(H28.5.15)

第34回 TOUCH摂食咀嚼嚥下セミナーアドバンスコース

歯科医師認知症対応力向上研修会

在宅療養支援歯科診療所の施設基準に係る研修会

歯科外来診療体制加算の施設基準に係る研修会

9.介護保険施設における口腔機能向上推進事業研修会&
高齢者対策歯科保健推進事業講演会
日 時:12 / 18 ㊐場 所:愛知県歯科医師会館

1.全国のミールラウンドから多職種連携による経口摂取支援を学ぼう

東京都健康長寿医療センター研究所 枝広 あや子 先生

 

多職種経口摂取支援チームマニュアル

2.歯科医療3.0 歯科の、歯科による、歯科のための摂食嚥下リハビリテーョン

大阪大学大学院歯学研究科 高次脳口腔機能学講座

顎口腔機能治療学教室 准教授 野原 幹司 先生

 

歯科医療 1.0 むし歯

歯科医療 2.0 インプラント

歯科医療 3.0 機能障害

枝広あや子 著

野原幹司 著 (推薦図書)

8.愛知県歯科医師会・愛知県医師会
平成28年度 第2回医療連携講演会
日 時:11 / 27 ㊐ 場 所:愛知県歯科医師会館

1.「治療から予防へのパラダイムシフト:
       リスク発見とリスクの除去の重要性」

花田 信弘 先生(鶴見大学歯学部 探索歯学講座 教授)

 

 『健康を創り出す歯科医療』への転換

→①栄養②運動③休養④タバコ➄アルコール➅歯の健康

 

 

2.「口腔内の慢性疼痛や違和感を訴える患者の初期対応
               〜精神科医の視点から〜」

徳倉 達也 先生(名古屋大学医学部附属病院 精神科 親と子どもの診療科 講師)

 

1.症状に見合う器質的異常は見当たらないのに口腔内の満生疼痛や違和感を訴える患者は、意外に多い。

2.代表的な疾患に、口腔内灼熱症候群(BMS)・突発性歯痛・口腔異常感証がある。

3.その治療には、精神医学的介入が有効である。

7.実践!オーラルフレイル対応マニュアル

80歳で20本の歯を残している8020(ハチマルニイマル)運動の達成者が、50%に近づこうとしています。

 

口腔疾患予防 →口腔機能低下予防 へのパラダイムシフトが健康寿命延伸に大きく寄与します。

 

高齢期オーラルヘルスプロモーションのパラダイムシフトを進めるために、オーラルフレイルの概念が広がりつつあります。

6.摂食咀嚼嚥下アドバンストセミナー

<第34回 TOUCH摂食咀嚼嚥下セミナーアドバンスコース 修了証>

摂食咀嚼嚥下アドバンストセミナー テキスト

摂食・嚥下障害のキュアとケア (参考図書)

口腔ケアプログラムの作り方(参考図書)

平成28年10月23日(日)、大坂での「TOUCH摂食咀嚼嚥下アドバンストセミナー」に

参加しました。

 

誤嚥防止姿勢(3点セット)は、勉強になりました。

5.老いることの意味を問い直す(在宅・地域で生きる支える)
~フレイルに立ち向かう~

「8020運動を経て、オーラル・フレイルへ・・・」と

新たな展開の移行時期です。

 

2016年、「フレィル&サルコぺニア」は、「ぺこ&

りゅうちぇる」くらい”Key Word” だと思います。

 

平均寿命と健康寿命の差が、男性で9年、女性で12年といわれています。

 

健康寿命延伸の新しい施策が「オーラル・フレイル」です。今年、閣議決定されて、2018年から全国展開予定です。

4.糖尿病を有する患者さんの歯科治療の留意点

平成28年9月24日(土)、宮地 斉氏(愛知学院大学歯学部顎顔面外科学講座 准教授)講演に参加しました。

 

糖尿病人口は、男性 15.5%、女性 9.8%

 

70歳以上だと、男性22.3%(4人に1人)、女性17.0%(6人に1人)です。

 

 

 

 

CGアニメーション動画

 

細胞間コミュニケーション 口腔の健康と全身疾患

~歯周病とアテローム性動脈硬化、糖尿病との関連性~

7分30秒から、第3章 歯周炎の糖代謝への影響:2型糖尿病 がはじまります。

 

3.平成28年度 歯科医師の認知症対応力向上研修会

<歯科医師認知症対応力向上研修会 修了証書>

<歯科医師認知症対応力向上研修テキスト>

平成28年9月11日(日)、愛知県歯科医師会館 にて、「第1回 歯科医師の認知症対応力向上研修会」に参加しました。

 

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン) ~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~の概要

 

 

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)

 

2013年6月1日の朝日新聞によれば、認知症高齢者462万人、予備軍400万人という記事がでました。糖尿病が、900万人なので、認知症≒糖尿病 ともいえます。

2.国民病としてのう蝕や歯周病の予防および重症化予防における
  歯科衛生士の役割

平成28年9月4日(日)、稲垣幸司氏(愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科教授、同大学歯学部歯周病学講座兼担准教授)の講演に、歯科衛生士の宮本と参加しました。

 

2014年の患者調査から、

1.歯周病 444万7000人(4.4%))

2.う蝕  283万6000人

 

高血圧性疾患 667万8000人、

悪性新生物  300万8000人。

 

歯科疾患の罹患率が高いことがわかります。

 

1.歯援診&外来環研修会 修了証

在宅療養支援歯科診療所の施設基準に係る研修会

歯科外来診療体制加算の施設基準に係る研修会

小島歯科インドアビュー

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せはこちら

ハロー サンキュー爽やかに

0120-86-3938

診療時間:10:00~13:00/14:00~19:00
※土曜日は17:00まで
※矯正日:第1日曜日/16:00~、第3金曜日/18:00~

休診日:日曜・祝日

診療時間

診療日
 
午前×
午後×
診療時間

午前 10:00~13:00
午後 14:00~19:00
△:土曜日は17:00まで

※矯正日
第1日曜日/16:00~
第3金曜日/18:00~

休診日

日曜日・祝日

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

0120-86-3938

アクセス

0120-86-3938

住所

〒488-0072
愛知県尾張旭市北原山土地区画整理事業地内3街区
バロー城山店2階

名鉄 尾張旭駅より徒歩10分

    著 書

著書

歯医者さんを選ぶなら?
『CT完備』&『院内感染対策』をしている歯医者さんに行こう!!

平成24年7月6日
Amazonから好評発売中

 

    Kindle版はこちら

     治療説明用DVD

    小島歯科では、ご家庭でゆっくりご覧いただける『歯科治療説明用DVD』を作成しました。

       LINE@

    小島歯科では、
    『LINE@』を導入しています。


    アカウント名:
    小島歯科


    LINE@ID:
    @kojima
    shika